シンプル家事 × 手間かけ子育て

家事はシンプルに、子育ては愛情たっぷりに。

「ママ、やさしくなったね。」続き。子供を感情的に叱らないコツ

ここ最近、極力、怒らないように頑張ってる!

でも、ただ甘やかしたり、要求をのんだりしてる訳じゃ、もちろんありません!

 

今、こころがけているのは、この2つ。

 

1.「ごめんね、今、それは出来ないの。」と言い続ける

声はあらげない。無理な時は、「ごめんね、今は○○だから出来ないの。」とか

理由を言ってあげる。当然、子供のカンシャクが収まりはしないが、だんだん、気がそれたり、

無理って事に気付くようで、受け入れることができる要求に変わってくる。

たとえば、

わたし 「今日は、公園で遊べないの。もう帰ろうね。ごめんね、時間があるときに公園

また行こうね。」

言い続けながら、公園から立ち去る

 

娘 「いや~。」

わたし 同じセリフを感情的にならずに言い続けるの繰り返し

最終的に:

 「だんご虫、見たら帰る~。」

わたし 「いいよ。見て帰ろう。」

 

2.息をはく

試しに息をはきながら怒ってみてください。

できませんよね。

不思議なんですが、息をはきながら怒れないんです!

だから、「うっ!」となったら、「ハァ~、ハァ~」と息をはきだします。

わたしは、怒らないように、ずーっと、「ハァ~、ハァ~、ハァ~」ってさせてるときがあります(笑)

この本によると、子供のダダこねに対応することは、出産と同じくらい難しいことだそうです。

だから、感情的に叱ってしまわないように、子供がややこしくなったら、「ハァー」と息をはいて

落ち着きましょう!

にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村

広告を非表示にする