シンプル家事 × 手間かけ子育て

家事はシンプルに、子育ては愛情たっぷりに。

ステロイドを使うことについて

わたしは、生まれてすぐに、アトピーを発症しました。

ところが、母親が医者嫌い、薬嫌いだったためステロイド等塗り薬を使わずに過しました。

私自身も母の考え方に影響されていたため、「ステロイドは怖い。」という考え方でした。

そんな私が30歳を過ぎて、ステロイドを使うようになります。

 

 

私がステロイドを使い始めたきっかけ

社会人になって落ち着いていたアトピーが産後に悪化します。

薬をぬりたくなかったため、民間療法や体質改善に励みますが、間違ったケアで

身体中にアトピー(今考えると、とびひ)が広がり、どうにもならなくなりました。

 

そこで、ステロイドを多用しないという病院や脱ステロイドで有名な病院をめぐりました。

そんな病院のお医者さんにも、ステロイドを勧められました。

「今は、身体で火事が起きている。それを1度しずめましょう。」

という診断でした。

ステロイドアトピー患者の沢山の症例を見ているお医者さんにさえ勧められる。

これはどうしようもない。治したい。そして、使用を始めました。

 

 

今の私のステロイドに対する考え方

今は、私は、ステロイドを適切に使うべきだと考えています。

特に、下記にあてはまるくらい深刻であれば、まず薬を塗ってほしいです(私がそうでした)。

● 痒みで眠れない場合

● 一日中、痒みのためポリポリかいて家事や仕事、勉強ができない場合

 

今までステロイドを使っていない人だと信じられないくらい良くなります。

痒みや見た目などで苦しむ時間をまずは、取り除きましょう。

(ステロイドは漫然と塗るのではなく、使い方があります。信頼できる医院で

診てもらい処方してもらいましょう。)

 

よくステロイドを使うと余計に治らなくなる等怖い話を聞きます。しかしながら、

アトピーの根本的な原因は、

身体の冷えや生活習慣、食習慣の乱れ、添加物の摂取等です。

まずは、身体のケアをしましょう。

ステロイドをやむくもに怖がったり敵視するのではなく、アトピーを治す力を貸してくれるものだと考えてほしいな、と思います。

ただし、ステロイドを塗っても先にあげたような根本の原因を治さないと

長引いてしまうから、あわせて体質改善を行ってください。

このサイトでも、わたしが試して良かったことを中心に取り上げています。

ぜひ参考にしてください。

 

また、ネット上で、脱ステロイドについて「ステロイドをやめたら治った!」という話を聞きます。

そういった方々は、生活改善や成長とともにアトピーが治る身体の準備が整っていた。

ステロイドの長期使用だけが問題となっていて、それが解消されたから治ったのだと思います。

 

現在のわたし

今は手指に湿疹が少し、肘や膝の裏がときどき痒くなります。

ステロイドはぬっていません。

でも、もしこれが悪化して、夜眠れなくなるほどになったら、病院に行きます。 関連記事

・わたしのアトピー 病歴(産後)

・アトピーが半身浴で治った

・手指の湿疹、アトピー 家事には綿手袋と使い捨てゴム手袋

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます! 応援のクリックおねがいします。

にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ にほんブログ村

花王キュレル

 

 

化粧水は、セラミド原液を使って手作りしています。

 

 

広告を非表示にする