シンプル家事 × 手間かけ子育て

家事はシンプルに、子育ては愛情たっぷりに。

アトピー性皮膚炎 わたしの病院選び

アトピーの治療に、なんとなく便利だから、近所の皮膚科に通っていませんか?

 

もし、それで何年もアトピーが治らず薬をもらいに通っているとしたら、転院をすすめます。

私は、お医者さんは、納得のいくまで、信頼できる先生を探すべきだと思います。

 

特に、風邪や流行性ウィルスではなく、治療が長引くアトピーなどではなおさら。今日は、わたしの病院をめぐった体験談についてです。

 

わたしは、病院、薬嫌いでした。が、アトピーの症状が身体全体に広がり、どうにもならなくなったため、病院に行くことにしました。

 

「まずは、近所の皮膚科へ」

病院には行きましたが、アレルギーテストを受けるつもりだけでした。

結果、一般的な食品やダニ等に対してアレルギーはありませんでした。

まだ、この時は、ステロイドが怖くて、ステロイドを使わない病院を探すことにしました。

 

「神戸市須磨区のたかなが皮膚科・アレルギー科へ」

HPの中にアトピーについての考え方があり、しっくりきて、通院しました。 また、この辺りでは評判の良い皮膚科です。

こちらに行って、まず言われたのは、

「まず、薬を使わないといけません。出した薬を1週間で使い切ってきてください。」

とのことでした。出されたのは、一番強いステロイドの薬でした。

症状はひいてきました。が、診察に行くと先生は忙しそう。2,3分の話で、ただ薬をだされるだけ。

すごく混雑しているので、しょうがないのですが、一気に強力なステロイドを使いきらなくてはならず、不安がつのりますが、先生は話をきいてくれません。

今から思えば、先生の診断は正しく、次の病院に移っても同じだったのですが、そのことに不安を感じ、以前から気になっていた、脱ステロイドで有名な淀川キリスト教病院で診てもらうことにきめました。

 

尼崎市淀川キリスト教病院へ」

こちらの病院が他の皮膚科と全く違う点は、

ゆっくりと患者の話を聞いてくれる。

ということでした。初診は、30分以上はお話したでしょうか?

家族構成や現在の生活、ストレスなどなど、まるでカウンセリングのようにゆっくり話を聞いてくださいました。

ステロイドに対する不安についても話ましたが、やはり薬を塗らなければならないということでした。

たかなが皮膚科で塗り始めていたので、塗る以前に比べ、生活がとても楽になっていくメリットも感じていたし、こちらでも同じ診断だったので、比較的ステロイドを使う抵抗というか、垣根が低くなっていました。

また、話をきちんと聞いてくれるので、薬を塗って問題がでたら、きちんと対応してもらえる、という安心感もあったと思います。

また、この病院には託児の無料サービスがあります。小さい子を連れて病院へ行くのは大変でしたが、連れて行ったあとは、ゆったりと診察を受けることができたのもうれしかったです。

 

産後のアトピーが全身にひろがって一番ひどかった状態は、こちらの病院にしばらく通って治りました。 今もぽつぽつ手指等に湿疹がでますが、日常生活に支障がないので、通院はしていません。

 

病院選べの大切さ

わたしの体験では、病院選びってとても大切だと思います。

アトピーに対する考え方が深い、浅いによって、診療の方法はかなり変わると思います。

だから、いまいち、違うな、と思ったら、信頼できる先生を探せるまでうつっても良いと思います。

また、先生によって言うことが違うことと同じことがあります。それは、診察の方向性や診る角度が違うから。

セカンドオピニオンのように、複数の先生の意見を聞くことで、自分のアトピーの症状は平均的にみてこういうものか、と客観的に見れるようになりますし、幅広い意見を聞くことができます。

 

もし、ずーっと病院で同じ薬をもらって塗り続けてる、でも治らないっていう人は、名医を探してうつってみてはどうですか? 関連記事

・ ステロイドを使うことについて

・ 私のアトピー 病歴(産後

・ アトピーには保湿が大切

今日も読んでくださり、ありがとうございます!

広告を非表示にする