読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とこちゃんのシンプル家事とシンプルライフ

マイバイブルは「魔法使いの台所」 子育て、断捨離、アトピーのことも少し

爪もみで免疫力アップ。アトピーのママ、赤ちゃんにも。

アトピーを治すためにとりいれた習慣のなかで、今も続けている簡単な習慣。

それは、爪もみです。

● 爪の両端を反対側の親指と人差し指でギュッと力をいれて押さえます。

● 時間は、10秒から20秒くらい。

● 両方の手の指(爪)と、できれば足の指(爪)もしてあげるとよいです。

● 薬指は控えめに。

● 息を吐きながらリラックスしてしましょう。

 

手の指、爪先には、神経の末端がきているので、そこをギュッとおしてあげることで良い刺激になるようです。ふーっと息を吐きながらすると、気分が落ち着きます。

 

また、しばらく爪もみをしないでいると、爪の先がむくんでいるような感覚が。そして、爪をギュッとおすと痛みがあります。なにか老廃物がたまっているのかな。自力で排出できないものをギュッと押し出してあげるって感じです。

わたしは、授乳中や電車の中で子どもたちが眠ってしまって静かな時にしています。

 

爪もみの詳細は、こちらの本に書かれています。また、自律神経とアトピーについても書かれています。

 

 

また、子どもや赤ちゃんがアトピー、アレルギー体質の場合も爪もみをおすすめします。

子どもや赤ちゃんの自律神経系は、まだまだ未発達。成長とともに、アトピー、アレルギーが治るというのは、この自律神経系が発達したからなんですね。

爪もみをしてあげることで、自律神経系の発達を促してあげれるような気がします。我が家では、親子のふれあいとあわせて、「元気になるおまじない。」ってことで子どもたちにしてあげています。

私はアトピーや皮膚の弱さで悩んでいますが、子ども2人の肌は綺麗でとても健康です。これは、スキンケアや爪もみのおかげなんじゃないかと、手前味噌ですが思っています。

 

関連記事

産後アトピー、アレルギー体質と自律神経の関係

ステロイドを使うことについて

規則正しい生活で、産後のアトピーの悪化をくいとめよう。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます! 応援のクリックおねがいします。

にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ にほんブログ村

広告を非表示にする