シンプル家事 × 手間かけ子育て

家事はシンプルに、子育ては愛情たっぷりに。

ママ友から贈り物をもらった時どんな対応が良いのかな?

先日書いた記事、おかげさまで沢山の方に読んでいただきました。有難うございます。

 

なぜママ友から高価な贈り物をもらうと気持ちが焦るのか?答え見つけました。 - とこちゃんのシンプル家事とシンプルライフ

 

ただ、ここで導いた結論、「ママ友へ高価な贈り物はやめましょう」があっていたのか心に引っかかっていました。

 

高価なものでも不必要なものであれば、他の方が使ってくれたら嬉しい。

自分では処分できない。

もらってくださる方が喜んでくれたら…

 

そういう思いで、ものを人に差し上げることってありますよね。それは、子ども服や玩具のお下がりだと、ママ友へっていうこともありますよね。

だから、そういうお付き合いが全く無くなってしまうのは寂しいですね。贈る側は、その贈り方、本当に難しい。

 

ここでは贈る側のことは、私も結論がでないので一旦おいておきます。

 

では、贈られた側はどういう気持ちでいればいいのかな、と考えていると、しっくりくる考え方に出会いました。

 

親切は、「受け取る」ほうがハードルが高いのです。慣れていなければ、相手の気持ちをまっすぐに受け取ることができません。「ありがとう」と、喜んで受け取ればよいのに…中略…

「お礼が早すぎると、縁がそこで切れてしまうようで寂しい。そのときは心をこめて感謝を伝えるだけにして、またいつか、別の機会に、自分のできることを相手にする」…

(自分を愛する習慣、中野裕弓より)


f:id:satokotokotokox:20170422142959j:image

 

どうですか?

 

わたしは、この文章を読んで納得しました。

贈られた側は、「返報性の原理」という心理的負担が生じ、気持ちが焦ってしまう。

でも、それをくださった方の気持ちを大切にできるような、そんな対応をしていきたいですね。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます!

 

 

広告を非表示にする