シンプル家事 × 手間かけ子育て

家事はシンプルに、子育ては愛情たっぷりに。

市販の虫よけ剤が火蟻に効果があるのかメーカーに聞いてみた。

火蟻に対して、人用の虫除け剤が効果があるか、メーカー2社のお客様相談室に

問い合わせてみました。

 

スキンベーブを販売している フマキラー

イカリジン入りのキンチョールDFを販売している キンチョール

ともに

 

 

 

 

火蟻に対する効果は期待できません。

人ではなく、蟻を駆除するための殺虫剤はご用意があります。 

 

とのこと。

ディートやイカリジン含有の虫除け剤で蚊にさされない仕組みは次のようです。

 

 

虫よけ剤にはディートという成分が含まれています。
ディートに接すると、蚊は触角にある毛穴をふさがれてしまい、人間が発する二酸化炭素や体温を感知できなくなります。
虫よけ剤を塗っておくと、蚊が人間に近寄ったり、ときどき皮膚にとまったりしても「これは人間ではない」と判断して血を吸わずに逃げていきます。(中川調剤薬局◆虫除け対策◆ より引用)

 

火蟻には、この仕組みは効かないそうです。

ディートの身体に対する影響を考えると、

「火蟻が怖いから」と虫除け剤をとりあえず使うことは避けたいですね。

 

 

私は神戸に住んでいますので、この問題は切実です。

昨日、ちょうど幼稚園の遠足でポートアイランドに行きました。

(神戸の人工島、ポートアイランドのコンテナヤードでは既に100匹の火蟻が発見されています。)

ポートアイランドの緑地公園やだだ広い草が茂った空き地を見ると、もし火蟻が繁殖を始めたら、食い止めることは困難なのではないか、と不安に感じました。

もし火蟻が公園や六甲山に繁殖してしまったら、子供たちを虫取り等草むらで遊ばせられない。

 

子供たちが安心して、公園で遊べるように、なんとか行政には、火蟻の駆除を最優先に取り組んでほしいです。

 

ただ、パニックになったり、むやみに怖がることは禁物。

正しい知識を身につけ、防御していきたいですね。

環境省の火蟻に関する資料が充実していました。こちらから見れます。

stop the fire ant

 

(↓英語サイトの火蟻の情報を訳しました。あわせてご覧ください。)

 

satokotokotokox.hatenablog.com

 

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます! コメントや★マーク、励みになります。ぜひ、よろしくお願いしますっ!

 

広告を非表示にする