シンプル家事 × 手間かけ子育て

家事はシンプルに、子育ては愛情たっぷりに。

母1人と子供2人、火災報知器が鳴る!

つい、先ほど、夜11時頃にマンションの火災報知器がなりました。

私は起きていて、5才と2才の子供は寝てる。パパは仕事でいない、そんな状況でした。

 

逃げなきゃ‼と思って、2才を抱っこ、5才のお姉ちゃんを叩き起こしました。

 

が、5才のお姉ちゃん、なかなか起きない。

私は、必死で、「火事よ!逃げなきゃ‼起きて‼」

で、泣き叫ぶなか、なんとか靴をはかして玄関に出て、

 

誤報でした。

 

心臓バクバク。

お姉ちゃんは、パニックで泣き叫び。

下の子は、抱っこされてたからか、意外と平然。

 

本当の火事でなくて良かったー!

我が家はマンションの五階。階段を駈け降りなければいけない。でも、あの5才のお姉ちゃんのパニックを考えると、絶対に逃げ切れる感じじゃなかった!

もう泣きそうだ。

 

すごい恐怖だったので、押し入れのエルゴを、すぐに手に取れる場所にうつしかえました。そして、お姉ちゃんをおんぶ、下の子を抱っこできるように、エルゴ(中古)をもう1つ買いました。

 

緊急時、使いなれたものだったら、なんとか装着できるはず。

 

はぁ、怖かった。どうやったら、逃げれるか、事前のシュミレーション、準備、訓練が必要ですね。

広告を非表示にする